びわ湖大花火大会 2012/08/08



自分の体験では、やはり、びわ湖花火大会が最大最高の花火だ。
過去に、毎年、あちこちのポイントを渡り歩いている。

2011年 帰帆島公園
2010年 浜大津
2009年 なぎさ公園
2008年 帰帆島公園
2007年 大津歴史博物館
2006年 大津歴史博物館

びわ湖花火大会の正面(花火に表も裏も無いが)はやはり、浜大津なので、今年は、そのものすごい人を覚悟の上で正面に挑戦してみる。


15時過ぎに浜大津に到着。


こちら、有料観覧席です。


貧乏人には縁の無いところ。


高いやろなあ。


全ての花火が完全に見られる一等席なのだ。


一般観覧席は右手奥。ここに入るのにものすごく大変。


水際にいた人を全て追い出し、完全バリケード。


無料といえど、ゲートが開くまで1時間ほど待ち、16時ごろ、ようやく入場。


16時過ぎに早くも席とりの人たち。


テレビからも取材が。


19時半からのスタートですよ。あと、3時間半。

いったん入ったら出ることは許されません。


向こうの方も規制しているんだろうか。

早くもギッシリです。



一番前に陣どったものの、湖との境にバリケードが立っており、三脚を立てても、バリケードの隙間からレンズを。


少しずつ陽が暮れてきた。

あと、1時間。


ずっと向こうまで人がいる。あとで聞くと、浜大津側はもっと大混雑だったとか。


もお、早くやってくれ。


たそがれ時・・・


プリンスホテルの部屋も灯が点いて・・・



19:30 一発目。まだ空が明るい。


左側と右側から同時に上がる。でも、カメラはどちらかしか向けられない。片方がすばらしくても、急には無理。

ムービーはピントを無限にしてマニュアルフォーカスにしたのだが、微妙にピンボケ。
オートフォーカスの方が良かったようだ。残念。


























































この大迫力を経験してください。


スターマインはびわ湖花火大会の売り物。





ラストです!







ラストのものすごさをもう一度!


35万人もの人が京都、大阪をはじめ、関西の人たちが押し寄せた。確かに、それだけの値打ちはある。







つれづれぐさページへ戻ります。



2012年のつれづれぐさへ