神戸ルミナリエ 2008/12/11



1年の過ぎるのが実に早いと感じるのが、毎年12月の神戸ルミナリエである。
久しぶりに感動を味わうべく、神戸へ。


平日は点灯は18時のため、まだ、1時間以上ある。


神戸のハーバーランドのイルミネーションを。


モザイクのあたりまで。




ここのシンボル、観覧車。


神戸ポートタワーあたり。





絵葉書に見られる構図。





2005年9月に登ったことがある。

さて、時間も19時を過ぎ、ルミナリエまで、電車1駅分を歩いて元町まで。


会場まで、ものすごい歩行者の列。完全にバリケードが張られ割り込めない。



いっしょに歩いて、その雰囲気を。



角を曲がると、「ワー」のどよめきがあがる。






間に月を入れました。


ずーっと向こうまでの夢の回廊。道の両側にはおみやげやさん。


最終点の鳥の巣。







阪神・淡路大震災で亡くなった人々への鎮魂の光「神戸ルミナリエ」。家族、住まい、仕事…。失ったものの大きさに下を向いた被災者が、やみに浮かんだ幻想的な光から希望をもらった。今年で14回め。毎年テーマが変わり、今年のテーマは「光のインフィニート」。デザインは少しずつ変わるわけだ。

3年前のルミナリエ


上の白いのは満月です。


この美しさは写真ではとても表せない。


鳥の巣の中に入る。


グルッと一周。












まだまだどんどん到着します。




公式ホームページ



露天ではおいしいものがいっぱい。



いつものように、神戸市役所の展望台へ上がろう。


エレベーターを少し待つ。


24階展望ロビーから鳥の巣を。




200mmの望遠の限界。


モザイク方面を望む。


反対側は六甲山方面。


山の中腹に、「2008」の文字が「HOLLYWOOD」のように浮かびあがる。


200mmの望遠で望んでみました。



ルミナリエも財政難。毎年、来年開催できるかの不安があるとか。
1人100円の募金。もちろん、投資してきました。



つれづれぐさページへ戻ります。



2008年のつれづれぐさへ