36の会(観桜会)−1 2013/04/14




偶数月の第1日曜日に実施されている「36の会」。1週間遅れで・・・


彦根城の桜もまだ少しは残っている。


京都では殆ど終わってしまった感があるが・・・


まだまだ城は桜祭り。


さすがに、ピンク度は過ぎた。


しかし、まだ朝9時半というのに、観光客はすごい。


会場へと桜を観ながら歩いて・・・


盛んに散る花・・・


今年の見納め・・・


池州橋。


芹川の流れ。


平田川沿いの桜並木。


いいところだ。


まだ蕾もある。


会場のK邸に。会費集めるよー。


広大な敷地のK邸・・・


重厚な造りの屋敷。


K君がここに移った時に自分で植えた数十本の桜の苗が、25年もすると、ここまで育つ。


見事な花見ができます。


稲田先生は昨日、我々の1年上の中学同窓会に出席のため東京から。竹内先生と・・・


同じ学年の担任として、実に、何十年ぶり?


K君の巨大な屋敷に驚いたよ。


東京で事業で成功した稲田先生・・・


いろいろ、懐かしい話も・・・


花もいっぱい咲いてる。


圧倒的なK邸の前で・・・


豪華な花見を始めましょう。


毎度、幹事さん、ありがとう。



K君の奥さんの手作りの・・・


この、鮎のおいしいこと!


魚屋さんだったんだ。


「桜の樹の下にシートを敷いて」なんてのは久しぶり。




稲田先生が預かっている上沼恵美子さんの義母の絵の中から。


東京が永く、多くの波乱万丈の生涯でいろいろ芸能人ともつながりがある。


2年前、東京訪問時拝見した先生自筆の「執着」。


この桜の下を我々で独り占め。



竹内先生も2年前と全く変わりがなく・・・


ビールも酒も焼酎も。ノンアルコールもあります。


ほんまに、これは旨い。


どんどん食べておくんなはれ。

2へ続く

つれづれぐさページへ戻ります。



2013年のつれづれぐさへ