清住のコスモス 2007/10/13



 フォトクラブは解散したが、その後も有志で撮影会に行くようになっている。今回も、春の原谷苑のものすごい桜の撮影に誘ってくださったメンバーに連れられ、兵庫県丹波市氷上町にある清住のコスモスを見に。

片道4時間かかって、ようやく、兵庫県氷上市の清住に。


青空を期待したが、残念。雲がどっしり。雨が降らないだけマシと思って。


今日は13日、明日がコスモスまつりらしい。


休耕田に種を蒔いて、500万本ものコスモスが満開。


毎回、対象の田は変更。コスモスは肥料になるらしい。


ススキとのバランスも良し。


種にかける費用は60万円という。




春はレンゲ。ここで採れる米はレンゲ米といって、特においしいと。




民家とコスモスがよく合う。










黄色いコスモスは初めて見た。


















花びらの1枚1枚が巻いているような筒状。










観光バスまで来ている。








このあたりは黒豆の名産。枝豆はひと味違うおいしさ。


達身寺は丹波の名刹。


国宝の仏像があるそうだが、入らなかった。


達身寺側から。










































































またまた、いつもの左手。




彼岸花は既に盛りを過ぎていた。












お疲れさまでした。



つれづれぐさページへ戻ります。



2007年のつれづれぐさへ