嵐山トロッコ列車 2014/11/28




嵐山のトロッコ列車は若いころ行ったかも知れないが記憶に無い。


1ヵ月前からの予約で先月確保していた。


JR嵯峨嵐山駅に到着。


予約の列車まで時間があるので、とりあえずぶらぶら。


やはり、渡月橋ですね。


水が異常に少ないのにびっくり。


昨年の台風でこの橋はものすごいことになっていた。


橋げたのスカートも流された。このあたりの店は軒並み水に浸かり、大被害。




簡単な食事を済ます。


「和紙」が世界遺産になって間がない。


駅に戻る。




いつもここまで来るんだが。




12:07発。


ツアーもいっしょ。


今が旬。予約はすぐに売れてしまう。


列車が来るのを待つ。





来ました!


亀岡から帰って来た人たち。


出発。



嵐山駅からは美しい車窓。






保津川下りも車窓から。


嵐山→亀岡


沿線にある「老ノ坂峠」の首塚大明神に眠る酒呑童子の云われから。


約30分で・・・


亀岡到着。


先頭はこんなだった。











ここのおみやげはトロッコシリーズ。


亀岡駅はなーーーんにも無い。馬車だ。






トロッコから保津川下りが定番コース。今日は予約してない。






駅前に唯一ある店。


石に絵を描くと売り物になる。


ちなみに、大き目のは1200円でした。


馬車が出発したところ。




完全に中国人客向け。




このコースも中国のお金持ちには評判なのだろうか。






馬はニンジン大好き。


欲しい。


ウマいか?


馬車が帰って来ました。






日本円の扇子はいかが?


日本人向けの説明は無い。


帰りの列車を待つ。
















亀岡→嵐山まで。




昨年来た保津峡駅。






嵐山駅で下車。




また、いつか乗ります。



次 大河内山荘


つれづれぐさページへ戻ります。



2014年のつれづれぐさへ