耐衝撃・防汚・防塵・防滴・防振の強靭スマートフォンに変身 2014/07/12



 恥ずかしながら、また紛失しました。今回は落とした時、場所は分かっているのに、翌日その道に行ったらもうありません。「Iphoneを探せ」というアプリはとんでもないところを指摘し、そこも行ってもダメ。誰かに拾われて、その後どうなったか・・・
 警察に届けて1ヶ月。iphone5本体の月賦はあと1年残っており、既に手に無い物の月賦を払い続けるのか、そして、スマホが無いのはやはり不便。


 「新規に買うしかない」と、ついに思い切って買いました。安い方で3万円。iphone5の32GBよりメモリーは16GBと半減したものの、とりあえず、通信機能は向上したiphone5cという機種です。
 iphone本体にはストラップ穴が無いので、ストラップのつけられるケースを選ぶのですが、たまたま落としたときはケースに入れていず、後悔しきりです。ちゃんとしたストラップがつくケースを物色していて、ネットでおもしろいものを見つけました。ヤフオクで1980円。買っちゃえ!!!


LOVE MEIって、変な名前。意外に知る人ぞ知るパワーカバーという。


本体に保護のフィルムを貼って使う人は多いが、これはケースそのものに「ゴリラガラス」というすごいガラスが装備。メーカーの紹介ビデオではカナヅチで叩くわ、電気ドリルでガリガリと・・・。何すんねん。

地面にたたきつけても、車で轢いても、砂まみれになっても、水中にはまっても・・・


組み立て前。ガラスの下はダミーのiphoneの画面。


本体をシリコーンゴムで挟み、両側からアルミニウムのケース。


ナットを締める工具もちゃんと入っている。


六角ナットで6ヶ所をしっかり締めると防水防塵になる。シリコーンゴムは側面も衝撃から守る。


ボタン類、カメラレンズなどなど、完全にケースのままで使用できる。実に良くできてる。


裏側はカメラレンズ、ライト部。唯一、本体の色がホワイトと分かる部分。


スピーカー、コネクターなどもしっかりとガード。ガラス面のタッチ操作も問題無し。


まあ、ずっしりと重いのが・・・ね。このケースの色がはげるほどまで失くしません。
これから、陶芸のドロドロの手でも使えるかも。

宣伝するつもりはありませんが、メーカーのPVです。


つれづれぐさページへ戻ります。



2014年のつれづれぐさへ