平野喜久夫綴れ織り展 2014/05/30



 写真仲間の平野喜久夫氏は京都の綴れ織りの伝統工芸士である。以前から工房見学を誘われていて、ぜひ行きたいと思っていたところ、このたび、氏の記念展覧会があるという。工房見学の前になったが、ぜひ、拝見したく、レイ大の仲間に声をかけ、訪問した。


地下鉄丸太町下車。




ギャラリーです。




氏のブログ


お久しぶり。














〜綴れ織りの技術と基本理念〜










りっぱなパンフレット。


綴れ織りの技術などていねいに記載。




ちょっとした工夫も。




糸の最後の巻き部分がなかなかのディスプレイに。






















































お土産までいただいた上、おいしいお茶でのひととき。


いい雰囲気のギャラリーだ。


京都の多くの伝統工芸のお話や・・・




ぜひぜひ工房を見に来て!

 平野氏の工房は上七軒にある。今日は工房を訪問するんだと間違って、工房の近くのランチの安い店を予約してしまっていた。


まあ、たまにはいいかもと、タクシーに相乗りして北野天満宮前まで。


「小きみ」。


夜は高級と思うが、ランチはなんと、1000円。


魚料理専門。


魚の種類と煮魚か焼き魚かをリクエスト。


祇園みたいに、上七軒も舞妓はん、芸妓さんのお茶屋が連なる場所。丸うちわ。


店の名前のように、美しい「小きみさん」がやってる。


イサキの煮付けを選びました。


ここは・・・


市川猿之助の贔屓店。


京都においでのときは寄ってくれはるんどっせ。

つれづれぐさページへ戻ります。



2014年のつれづれぐさへ