ついに来た、アナログ放送終了 2011/07/24



 もう、ずいぶん前から、2011年7月24日をもって、テレビのアナログ放送が終了すると広報されてきた。国の総務省もテレビ局を通して、機会があれば、しつこく宣伝されていた。東北の大震災の影響で、東北の一部のエリアはもう少しアナログ放送は延長されたが、その他は予定通りだ。
 地上デジタルテレビのその画面、音のすばらしさを少しでも早く体験したいと、我が家も2007年に第1号でメインテレビはデジタル化している。当時20万円もした40型液晶テレビは大幅に性能を上げて、現在は5万円あれば買える。大量生産の効果もあるだろう。
 現在我が家には3台の液晶テレビがあるが、まだまだ使えるブラウン管テレビを何台もお金を出して処分した。どこかアジアの国で活用されていればうれしい。

全てのテレビ局が本日の正午をもってアナログ放送を終了。その瞬間を日本テレビ系で記録してみた。

本日だけの各局のアナログ放送の画面を。










既に砂あらしになってしまった局もある。明日からは全てのアナログチャンネルはこれになる。


つれづれぐさページへ戻ります。



2011年のつれづれぐさへ