奈良飛鳥路ウォーク 2011/05/09



飛鳥寺




万葉集にも詠われた飛鳥川に沿って・・・




















当時の寺の広さを感じさせる。


首塚。









説明を聞く。








飛鳥大仏。この仏様は珍しく写真撮影自由。


国宝でないこともあり、もうすぐそこに近づける。


アーモンド形の目が、飛鳥の仏さまの特徴。


飛鳥寺のご本尊で、日本でも有数の有名な仏像ですよー。


二度にわたる火災にあい、一時は野ざらし状態にされていた(!)という歴史があり、仏像は後で修理された部分が殆ど。開眼当時のものは頭部の上半分・左耳・指の一部のみとか。このため、国宝にも指定されていない。


頬の辺りには修復の跡が生々しく残っている。


東大寺の大仏より100年も先輩。








このポスト、以前は赤かったのに、あずき色に?










首塚と飛鳥寺。


最後は、あすか夢の楽市で休憩。


安いけど、持って帰れない。でっかい筍を買った人も。




駅まで、ひたすら歩く。




駅が見えて来たぞ。


あー、もう歩かなくていい。


樫原神宮前駅は構内に店がいっぱいある。


もう、我慢できん。


幹事さんごくろうさんでした。


京都まで長い時間。ひと眠りしたら、ようやく東寺だ。


京都駅。

みなさん、おつかれさんでした。


つれづれぐさページへ戻ります。



2011年のつれづれぐさへ